女ひとりでカプセルホテルに泊まった2【MAYU東京WOMAN】

カプセルホテル

どうも。はくまいです。
少し遅めの夏休みで東京(とちょっと横浜)に行ってました。

今回も前回同様カプセルホテルに宿泊しているので、ホットな情報(言い方が昭和で減点)をお届けしたいと思います!!!

たのしかったな~!!

ちなみに前回はファーストキャビンに泊まってます。こちらもよかったら。

今回は八丁堀駅から徒歩3分の

【MAYU東京WOMEN】に2泊宿泊しました。

MAYU東京WOMAN(2018年4月オープン)

女性が運営する女性のためのユニット型ホテルだそうで、MAYU(繭)をコンセプトに白を基調としたとても綺麗なホテルです。

JR京葉線、八丁堀駅から徒歩3分と立地も良いです。

※わたしはポケGOの歩数稼ぐために東京駅まで歩きました。(20分くらいかな)

【フロント】

とても感じがよかった!質問にも感じよく答えていただきました。出入口と通路がめちゃくちゃ狭いから、混んでる時間帯だとぎゅうぎゅうで「うわ~今わたしめっちゃ汗臭いから寄らないで」という感じでした。(混んでた)

【荷物置き場】

寝る場所とは別に、ロッカー置き場があります。(ロッカーは充分な大きさだけどロッカールームが狭い)ただでさえ狭いロッカールームなのに一部「ロッカーに入らないスーツケースのスペース」になってて、いやロッカー入るやろ!?ってサイズのスーツケースも含めてそこに結構な数置いてあったりして、わたしのロッカーはそのスペースの前にあったので、荷物広げられなくてわりとストレスでした。

これは当たり外れあるのかも・・・。

※2日目に恐らくホテルスタッフの方がスーツケースを移動してくれてやっと荷物整理できたけど、せめて床に「ここからはみ出さないようにね!」って印でもがあればよかったかな~。要望出しとこ!前向きなやつね!

【ベッドスペース】

上下のお部屋です。白一色でとても綺麗!鍵のかかるボックスとコンセント×2がついてます。

ボックスは手前に扉を開くタイプで、開くと鏡がついてました。ちょっとした鏡便利~。財布が入る充分な大きさはありますが、バッグなんかは入らないサイズです。

ロールカーテンはきっちり下まで降りて、大きな音などもなく、ベッドがあるフロアは土足厳禁なので、フロア自体とても静かで物音などもそれほど響きませんでした。

【シャワー室】

シャワーは10個あります。作りはとても綺麗でおしゃれですが、床など白が多いのでおちている髪の毛がやや目立つ印象。

クイックルワイパーも置いてありましたが、使ってる人は見なかったかな…使い終わったらさっと拭いて席を立つのがマナーかなと思いました。朝も夜もスタッフの方が掃除しているのを見かけました。ありがとうございます。

アメニティはシャンプー、トリートメント、ボディーソープがひとつになった三位一体型の液体ソープ(なかなか良かった!)がシャワー室にひとつ、洗面スペースにクレンジングと洗顔、ローション、乳液がありました。

詳細はリンク先をどうぞ。(志が低い)

MAYU東京WOMAN(2018年4月オープン)

【ラウンジ】

めっちゃ居心地いい~~~このホテルってテレビないんですよ!コミュニケーションスペースは音楽が流れてるだけなんですけど、ソファに座ってもいいし、テラス席でぼんやりしてもいいし、なんかぼ~っと贅沢な時間を過ごしました。

それほど広くはないけどなんかずっと居たくなるような感じがありました。

※個人の感想です。一刻も早く去りたいと思う人もいるかもしれない。

【まとめ】

まだまだ新しい綺麗な女性専用のホテルで、非常に過ごしやすかったです。

女性専用ならではの配慮が多く(トイレの数も多い!)安心して泊まれるなぁといった印象。

ちょっと改善してほしいなぁと思ったのは、ロッカールームの使用ルールと音あり目覚ましガンガンなってたことですかね。(推しの曲みんなに聞いて欲しかったのかなってくらい色んな男性アイドルグループの曲を聴いた)

泊まったのは日曜夜からだったので、土曜や休日前はもっと混雑しそうだな~

スタッフの方は皆さんとても感じがよくて、これはリピーター増えるだろうな。

また機会があったら泊まりたい宿になりました。

【今回の清算】

2,960円×2泊=5,920円

※サービス料、消費税込

楽天ポイント使っているのでもう少しお安く泊まっていますが、

2泊で6,000円しないのはほんとに安いな~!!

館内まるまる女性専用ってのもポイント。

タイトルとURLをコピーしました