カバンひとつで引っ越しできる?社会人一人暮らしの始め方!

引越しのススメ 暮らし

こんにちは~はくまいです!そろそろ一人暮らしを始める方が多くなる季節ですね。
とりあえず住むところは決まったけど…忙しくてそれどころじゃないしなにも準備してないよ~!このままじゃ新生活始められない!という方、準備するものをきれいにまとめたサイトを見ているのでは?
実はわたし、鞄一つで新生活をスタートさせた実績を持っています。(おおげさ~)
できるんです、大荷物じゃなくても一人暮らしはスタートできる!
今回はそんなわたしのひとりぐらしの話を書いていこうと思います。

なんで少ない荷物で引っ越しできると思ったの?【草津での経験】

パワハラアパレル店員時代に深く傷ついたわたしは(笑ってほしいところ)退職後逃げるように草津温泉で住み込みのバイトを始めます。
割り当てられた寮の広さも分からず、どういう生活かもわからなかったので、とりあえず「必要なものはあとから送ってもらおう」「現地で買おう」で対処することに決めました。
これが大成功。部屋干し用のスタンドがいるなんて絶対事前にわからなかったし、洋服なんて大した枚数いらなかったです。3ヶ月の住み込み生活で、荷物の少ない生活の身軽さを実感。必要だと思っていたものって、自分の生活や習慣で全く変わってくるんですよね。荷物は少なくていいという考えは、ここでの経験がすご~く影響していると思います。

なんで一人暮らしを始めたの?【神奈川は最高だった】

住み込みバイトの契約期間が終わるころに親戚の会社に事務で採用してもらうことが決定し(コネオブザコネ)群馬から神奈川へ。
生活が落ち着くまでは親戚の家に居候という約束だったので、準備もそれほどせずに移り住みました。しかし親戚の家はレベルの高い汚屋敷。こんな場所にいつまでもいられるかと、すぐにアパートを探すことに。
必要なものはおいおい揃えていけばいいから、という心意気でやってきたので、もちろん何の準備もありません・・・
親戚一家に無茶だからやめなと止められながらも、カバン一つで家を出た瞬間に「わたしの世界は広がった!」と思いました。 (実際ゴミで目の前ふさがれていたのでね)

何を持って行った?何が必要だった?

契約諸々を終えて大家さんからもらった鍵で自分の部屋に入ると、ほんとに何もない!持ってきた大きな母のボストンバッグだけ!これには自分でも笑ってしまいました。
前の住人がエアコン、冷蔵庫、洗濯機を置いて行っていた物件だったので、大きな荷物もなく、引っ越し業者も使いませんでした。
実際に持って行ったものはボストンバッグだけですが、ベッドと布団は引っ越しの当日に届くように手配していました。
寒くない時期だったので、布団さえあれば何とかなるかなと思っていたらベッドが届かなくてフローリングで泣きながら寝ました。
ボストンバッグの中身は

・現金と通帳印鑑、ほか必要書類
・2~3日分の仕事着、衣類※夏の終わりだったので軽量です
・化粧道具やコンタクトなどのこまごましたもの
・PSP※めっちゃ大事

ざっくりですがこんなもんです。家具や収納は生活を始めてから買おうと決めていたので、ベッドしか買っていません。
※冷蔵庫と洗濯機はあったのでチートですけど…
ちなみにテレビは引っ越し後にwi-fi契約と一緒に購入。だいぶ安くしてもらった覚えがあります。
その後、テーブルや本棚、収納家具も増やして自分の城が出来上がる過程を楽しみました。

便利な世の中なので、ほしいなと思ったものがあればAmazonで注文しておけば、早ければ次の日に届いちゃいます。
受け取れないよ!ってひとでもまあ「ホテルにでも泊まったと思って」状況を楽しんでください。
ベッドのない床は固かったけど、話すといろんな人に笑ってもらえましたよ。(悲しい)

あるといいなと思うもの

・はさみ※これは鞄に入れておいたほうがいい。やたら便利だから。

まとめ

いくつになってもどんな人でも新しい生活って不安だしドキドキしますよね。
わたしも不安だったし、鍋に火柱立った時は実家に帰りたくなった。
でも一から新しいこと始められることって人生そう何度もないし、絶対にいいこともたくさんあると思います。なるべく身軽に気楽に気負わず初めて、お気に入りのもので自分の場所を作っていってください。

これから始まる新しい生活が、どうか素晴らしいものになりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました